黒髪鉱泉

戦前まで久江に温泉宿があったという話を聞いて、いろいろと調べてみた。久江山を登り、砂防工事の石碑の向かいに井戸らしきものがあった。そこに宿があったそうだ。泉質は硫黄泉だったという。火山もないのに、なぜ硫黄泉が出るのだろうか。「硫酸還元菌」という微生物の作用で、硫黄泉ができるのだそうだ。どこかを掘れば、再び鉱泉が湧くんじゃないだろうか。ロマンを感じる素敵な話だ。

NAVERまとめに、黒髪鉱泉についての記事を書いた。

http://matome.naver.jp/odai/2147261933506607401

バイオ水素水

今から160年前、フランスの片田舎にルルドで聖母マリアが18回出現し、マリアが表れた洞窟から湧く泉が癒しの水として知られ、多くのキリスト教巡礼者が訪れます。

近年、日本の学者が水に含まれる水素量を調べたところ、高濃度の水素水だということがわかりました。つまり、水素水を摂取することで活性酸素が除去されて、体の治癒力があがります。それだけではなく、血液中にあるソマチッドという物質を活性化させ、免疫力があがるといわれています。ルルドの水で難病が治るという数々の奇跡が起こっているのも道理です。天然湧出の水素水は、なんと能登島の千寿荘で汲むことができますし、水素風呂入浴ができます。たったの400円のお手軽健康法です。能登は恵まれていますね。でももっとすごい方法があります。台所にあるものを使って、簡単にバイオ水素水が作る方法があるんです。今、バイオ水素水のデータをとっていますが、次回の自然療法勉強会で詳しくお話しようと思います。(2016年10月)

ママ、ごはんまだ?

一青窈さんの姉で、中能登町の観光大使をつとめる一青妙さんのエッセイ「ママ、ごはんまだ?」の映画が、来春公開されます。原作のエッセイは亡くなった母親の思い出を台湾の家庭料理を通してつづったものです。この映画が、中能登町町制10周年事業という大きな節目の興業であることから、映画の台湾料理を味わえるように、道の駅織姫の里のキッチンなかのとで、お惣菜として販売することになりました。本の中には日本で知られていない料理もあり、インターネットを駆使してレシピを探し、試作を繰り返しています。お惣菜販売は11月からの予定。(2016年9月号)

ヒーラーになるためのトレーニング

昨年、ジェームズ・トワイマンさんが主宰する”33 Spiritual Peacemaking Lessons”を受け、引き続き365日間の”Daily Spiritual Peacemaking Lessons”を受けました。それがちょうど6月に終わったばかりです。それはイエス・キリストをチャネルしたメッセージがメールで配信されるオンライン・レッスンです。その後2004年4月から、急に思い立ってヒーラー修行をはじめました。目標の100人ヒーリングを達成した現時点で、この2ケ月半を振り返って感じることを書き留めておくことは、これからの自分のためにも、そしてこれからヒーラーになろうと思う方のためにも、参考になるのではないかと思いました。現時点で私に感じられることをありのままに書きます。

ヒーラーの資質

波動感覚があると、自分からどれだけエネルギーが出ているか、上達の程度がわかるんです。ただマニュアルどおりこなすだけで、自分が何をしているかわからない、相手のエネルギー状態もわからないでは、悦びがないですよね。悦びがないだけではなく、夜道を目隠しで運転しているような危うさがあります。波動感覚に乏しいと、危険予知ができないからです。

ヒーリングにはエネルギー・ワークだけではなく、マッサージや指圧のようなボディ・ワークもあるし、カウンセリングで導くヒーラーもいれば、絵や音楽で癒すヒーラーもいますし、自分に一番あった表現で貢献していけばいいんだと思います。

自己管理

ヒーリングをする相手(ヒーリー) には一番いいエネルギーを送りたいし、ヒーリング後に相手の邪気を自分の体に残さないよう、自己管理にはとても気をつかいます。遠隔ヒーリングはヒーリーにチャネリングをしてから行いますが、チャネリングをするとナトリウム、カリウム、鉄分、カルシウムなどを消費するということを知りました。それを知らずに、肝臓をやられるヒーラーが多いそうです。

サイキック・アタック

サイキック・アタックとは、生霊のようなエネルギーの攻撃をいいます。遠隔ヒーリング後に、何度かサイキック・アタックに悩まされました。私が受けたサイキック・アタックはいずれも、ヒーリングを終えてチャネルを切っても、ヒーリーがつないでくる。寝ている間もヒーリングが自動的にオンになっていて、朝起きるとぐったりと消耗しているという経験をしました。特に太陽神経叢のエネルギー漏れがひどかったです。

最初にサイキック・アタックを受けた時、ヒーリングをすることがひどく不安になり、ヒーラーの先生に相談したところ、「したくないなら、するな!」と一蹴されました。ヒーリングは続けたかったので、何度かこういう経験をしても、自分の波動がもっとあがればなんとかなると耐えました。

 

中立であるということ

ヒーリングはまずセンタリングとグラウンディングをしてから行います。これは地球と宇宙からエネルギーを入れるための基本ワークです。そして、ヒーリングを受ける相手 (ヒーリー) がどんなに悲惨な状況にあっても、情を入れてはならないというのが、ヒーラーに求められる鉄則です。なぜかというと、相手の情にまでシンクロさせてしまうと、自分の中心軸がブレてしまい、ヒーリング・エネルギーが十分に出せなくなるからです。遠隔ヒーリングは相手がみえないので、情が入りにくいという点では初級者の練習向きだと思いました。それと同時に、遠隔ヒーリングの限界も感じました。

 

 

日本古来の宗教や信仰の中に「天使」に相当する霊的存在がみあたりませんが、あえていうなら「眷属(けんぞく)」でしょうか…..、ともかく神と人間のあいだにたつ取次役をする霊的存在がいるようです。天使とのコミュニケーションの仕方については、ドリーン・バーチュ女史が「エンジェル・セラピー」や「エンジェル・メッセージ」という本の中で書いているので、ちょっと引用させていただくことにします。

「天使との交流は誰にでもできます。それが不可能な人など存在しません。神から選ばれた人だけが天使と交流できるとか、特殊能力をもっていなければだめだとかいうのは通説にしかすぎません。神によって創られたわたしたち人間に、天使の声が聞こえないわけがないのです」

天使と交流するために特別の儀式をとりおこなう必要はありません。神も天使も複雑さを嫌い、純粋さと単純さこそがその存在の神髄だからです。(中略)次に示すのは、天使を呼び出すいくつかの方法です。

手紙を書く。姿を思い浮かべる。祈りで呼び出す。話しかける。

すべての人が天使のメッセージを音として聞くことができるわけではありません。天使のメッセージは、幻視や感覚、あるいは認識といった形で伝えられることが多いからです。(中略) あなたはいろいろな形で天使とコミュニケーションを取ることができます。いかにその方法を示しますが、一番大切なのは直感です。自分に合っている方法を選ぶことがスムーズナコミュニケーションの第一歩ということができるでしょう。

自動手記
(1)自動手記を行う日付や時間を特定する
(2)邪魔が入らないような静かな場所を選んでおく
(3)鉛筆を使う(タイプライターも可)
(4)心を落ち着けてじっと待っていると、精神世界の住人があなたに話しかけてきます。恐れては行けません。恐れという負の感情は、スムーズなコミュニケーションを邪魔するものです。

夢を介して天使と会う。天使のカードやペンデュラム(振り子)を使ったコミュニケーション。体の中で会話をする。

「(天使のメッセージ) わたしたちの声を聞くことはそれほど困難ではありません。あなたが自分の心を開きさえすればいいのです。わたしたちは、あなたが想像する以上にあなたの近くにいます。あなたがわたしたちに声をかけてくれたり、あるいはわたしたちのことを脳裏に浮かべてくれるだけで話をはじめることができるのです。わたしたちは、肉体を持って地上界に生きるあなたがこれから行うこと、ひとつひとつを尊重します。わたしたちがあなたの生活に入り込むことはないでしょう。わたしたちがあなたにもたらすのは干渉ではなく、祝福と、自分自身を新しい角度から見るための方法です。

周囲の空気を浄化することによって、あなたとわたしたちは、よりはっきりとした形での交流を持つことができるようになります。わたしたちとの交流は、霧を通しておこなわれるようなものと考えてください。霧が晴れるにつれて、交流の内容は明確なものとなります。霧が濃ければお互いの意志の疎通が難しくなってしまうのは当然です。思いがけない誤解も生まれるかもしれません。あなたは、自分を浄化することによってこの霧を晴らすことができるのです。

わたしたちはあなたに聖人のような生活を送って欲しいと言っているのではありません。気をつけて欲しいのは、あなたが自分や他人に対して使ったり抱いたりする言葉や考え方です。また恐れの感情から生まれる嫉妬や競争心、公開、自己憐憫はあなたのエネルギー場を暗く重いものにしてしまいます。何事に対しても許しの心を持つようにしましょう。自分自身に対しても、特定の状況に対しても、他人に対してもです。他人を許せない気持ちは、あなたのオーラを黒煙のようにしてしまいます。」

自分の経験からすると、わけのわからない霊的存在は危険。ペットの方がよほど人間を癒してくれる天使的な存在です。

95209fd6-s

Page 9 of 1012345678910