葡萄の聖母子

活性酸素を除去するものには、人体で生成されるものとして酵素(SOD、カタラーゼ、グルタチオン、ペルオキシターゼ等)、植物から摂取するものとしてフラボノイド、カロチノイドなどがある。そのほか、水素水やマイナスイオンで、活性酸素を消去できる。

フラボノイドの中で最も強い抗酸化力をもつのが、OPC(Oligomelic proanthocyanidins)でβカロテンの10倍の抗酸化力があるらしい。OPCの作用としては、抗酸化力の他、コラーゲンとエラスチンの結合強化により、血管増強や皮膚の保護をする。過剰な悪玉コレステロールの排出、更年期障害のホルモン異常に対応できる。またヒスタミンの過剰を抑制することにより、抗アレルギー作用を行う。…..まさに私が求めている要素がここにある!

では、何からOPCを摂取できるのか。フランスの松の樹皮に多く含まれるピクジェノールとかいうアレ。日本の松じゃだめなのか。反サプリメント派なので、他にもっとないかを探してみると、ブドウ種子抽出液と出てきた。それって、グレープシード・オイルだよね。それなら買えるって!

グレープシードオイルは食用できるし、オイルマッサージにも使う。

  • リノール酸(多価不飽和脂肪酸、約65%)、オレイン酸(一価不飽和脂肪酸、約18%)が主成分
  • コレステロール0%の食用油
  • ビタミンEが多いため酸化しにくい
  • 高温・加熱につよい。無味無臭で、油切れがよい。
  • マッサージオイルとしては、べたつきがなく、滑りがよい。
  • 溶剤を使わない、低温圧搾(コールドプレス)の油を買いましょう。

明日からグレープシードオイルに変えよう!でも、OPCが摂取できるからといっても、リノール酸が多いので過剰摂取は注意しようね。

ぬか漬け

庭で作る野菜でおいしいぬか漬けが食べたいと思い、京都の専門店からぬか床の素を取り寄せました。ぬか床の面倒が見切れず、何度もダメにした過去があるので、スマステで紹介されたことのある「ぬか漬け名人)」という容器を買ったところ、ぬか床をかき回す手間いらずで、常温でも無事に猛暑の夏を越すことができました。非常にシンプルな構造ですが、いやなにおいを発する好気性菌の繁殖を抑え、適度に水気を抜いてぬか床がゆるくならないようになっています。若干、初期費用が高くはなりましたが、おいしい専門店のぬか漬けを食べ続けられると思えば、安いものです。

先日、庭で収穫したキクイモをぬか漬けにしてみました。何の下処理もせずに、丸ごと漬け込みましたが、6日め、ちょうどいい歯ごたえと漬かり具合です。キクイモは繁殖力が強く、畑の邪魔者扱いになっていますが、血糖値を下げるスーパーフードなのです。一般的に千切りにして生食したり、煮物にしたりするようですが、それではキクイモのおいしさを引き出せません。キクイモはぬか漬けか味噌漬けのように発酵させたり、炒めものにするととてもおいしい。これから旬のキクイモのおいしさがもっと評価されるように、レシピをいくつも考えてみようとしているところです。

黒髪鉱泉

戦前まで久江に温泉宿があったという話を聞いて、いろいろと調べてみた。久江山を登り、砂防工事の石碑の向かいに井戸らしきものがあった。そこに宿があったそうだ。泉質は硫黄泉だったという。火山もないのに、なぜ硫黄泉が出るのだろうか。「硫酸還元菌」という微生物の作用で、硫黄泉ができるのだそうだ。どこかを掘れば、再び鉱泉が湧くんじゃないだろうか。ロマンを感じる素敵な話だ。

NAVERまとめに、黒髪鉱泉についての記事を書いた。

http://matome.naver.jp/odai/2147261933506607401

バイオ水素水

今から160年前、フランスの片田舎にルルドで聖母マリアが18回出現し、マリアが表れた洞窟から湧く泉が癒しの水として知られ、多くのキリスト教巡礼者が訪れます。

近年、日本の学者が水に含まれる水素量を調べたところ、高濃度の水素水だということがわかりました。つまり、水素水を摂取することで活性酸素が除去されて、体の治癒力があがります。それだけではなく、血液中にあるソマチッドという物質を活性化させ、免疫力があがるといわれています。ルルドの水で難病が治るという数々の奇跡が起こっているのも道理です。天然湧出の水素水は、なんと能登島の千寿荘で汲むことができますし、水素風呂入浴ができます。たったの400円のお手軽健康法です。能登は恵まれていますね。でももっとすごい方法があります。台所にあるものを使って、簡単にバイオ水素水が作る方法があるんです。今、バイオ水素水のデータをとっていますが、次回の自然療法勉強会で詳しくお話しようと思います。(2016年10月)

Page 6 of 6123456