今、私が夢中になって調べているのが「ケイ素 Si」です。なぜかというと、能登には珪藻土が簡単に手に入り、能登の珪藻土の約7割が二酸化ケイ素という成分だからです。ご存知のように、悠庵では「けいそう土フェイシャルエステ」のメニューがあり、和倉温泉でビオファンゴという全身用の温泉泥のエステにもかかわっています。

ケイ素は水に溶けにくい性質をもっており、手を加えて水溶性にしたものでなければ、体には吸収されないようで、けいそう土パックをしたからといって、皮膚からケイ素が吸収できるわけではないとわかりました。ふむ……ではどうすれば、体に取り込めるのか。民間でできる一般的な方法は、漢方の煎じ薬のように長時間煮込んで、細胞膜を破壊すれば、ケイ素が取り込めるようです。たとえば、スギナやよもぎはケイ素が多く含まれるので、その煎じ薬を飲めばケイ素が取り込めるということです。

その他、毎年作り方をおしえている野草酵素に、ケイ素を多く含むスギナ、ヨモギが大量に入っており、発酵で微生物により生分解されますから、ケイ素がエキス内に溶け込んでいると考えられます。これは飲むものとしてはいいのですが、美容に使うには糖が邪魔です。

なにか、もっと簡単な別の方法はないのか。さらに調べてみたところ、海水にケイ素が溶け込んでいるとわかりました。ならば、能登町で採水している海洋深層水はどうだろうか、、、と思い立って調べてみたところ、1リットル中に含まれるケイ素は1.7mgで微量すぎる。ふむ……

まだ、これといっていい方法が見つかったわけではありませんが、おもしろいページを見つけました。これは、水素発生方法について説明したページですが、その中にアメリカのフラナガン博士が開発した水素サプリの基材が、水に溶けるレベルまでに微粒子化された二酸化ケイ素を水素のキャリアとして加工した商品があることがわかりました。これは、水素もケイ素も一挙両得に体に取り込め、水素発生能力も優れているということです。世界的にも売れている商品で、品質も問題なさげで、値段も手ごろな点が魅力。両親の健康のために取り寄せてみることにしました。

私自身はサプリ嫌いで、自然のままにある形で摂取できるのが一番だと考えているのですが、あれこれ考えるよりも、ケイ素の微粒子パウダーを水に溶かすのが手っ取り早いかなと思ってみたりもして。

 

 

酵素ドリンク

秋も深まり、これから寒くなる一方の季節ですね。今年は気温の乱高下が激しく、自律神経の乱れから体調不良を訴えるお客様続出。こういう年は本格的な寒さを迎える前に、体調管理をしっかりしておくことが肝要です。

体温が36度以下になると、免疫が30%低下し、風邪・インフルエンザにかかりやすくなってしまいます。それだけではなく、ガンのリスクが高くなるので要注意。体温をあげるには、細胞のミトコンドリアのエネルギー生産量を増やさなければなりません。

酵素ドリンクには、ミトコンドリアが必要とする酵素、ブドウ糖、アミノ酸ALAなどすべて入っているので、飲むとすぐに体温が上昇します。低体温症の場合は、野草酵素ドリンクか里山酵素ドリンクのように多種の材料を使っているものを続けて飲みましょう。

次回のフルーツ酵素ドリンク教室は12月4日です。材料のみ希望には、当日取りに来られる方のみ3000円で販売も行います。店内で酵素ドリンク各種の販売も行っています。材料の都合上、お申込みはお早目にお願いします。

長年、アトピー性皮膚炎に悩まされてきました。私を自然療法の道へ導いたのはアトピーですが、まだ根治には至っていません。一時的によくなっても、何かの拍子に悪化する。これの繰り返しです。しかし、バイオ水素水が非常に効果があり、かなりよくなってきてはいます。

北海道の和種薄荷が、アトピーのかゆみ止めにいいらしいということをネットの記事で読んだので、早速試してみるべく注文してみました。どの程度効果があるか、楽しみです。

追記: 和種薄荷が届いてから、使用しています。直接アトピーの患部にスプレーすると、アトピーを悪化させます。必ず、ホホバオイルなどのキャリアオイルでうすめて使用しましょう。メントールが強いので、量を多く使うと寒さを感じるぐらいです。かゆみどめの効果はまちがいなくあります。とてもいいと思います。

 

低体温
7月半ばまでは更年期のホットフラッシュで、体温がいきなり上がり汗がふきでる不快感に悩まされていました。玄米乳酸菌の実験をしているうちにホットフラッシュがなくなり、喜ぶのもつかのま、今度は一転して低体温症になってしまいました。体温が一日を通して36度台まで上がらず、夜になると35.1度まで下がってしまいます。

暑がり汗かきが一転して、何を着込んでも背中がゾクゾクする寒がりの体になぜなってしまったのか。更年期の自律神経失調というありきたりの症状名で片づけられるのでしょうが、突然起こる体の不調に自分がついていけません。低体温になると免疫が30%低下するので、病気に感染しやすくなり、やはり一番怖いのがガンのリスクです。

低体温症を克服しようとあらゆる資料を当たっていますが、更年期だけでなく、あらゆる世代で低体温症が増え続けているようだということがわかりました。これはもう何か根本的な、間脳の体温調整機能を狂わせる地磁気の乱れのような、あるいは地球が氷河期にむかっているような、環境的なものからきているものかもしれないと思ったりもします。ここまでくると「謎」としかいいようがありません。

ともかくも、これから寒い冬に向かうのに、すでに体が寒すぎてやりきれません。低体温克服に向けて真剣に取り組んでいこうと思います。

酵素玄米

ようやく道の駅織姫の里で、酵素玄米おにぎり発売にこぎつけました。道の駅のオープン1年前に、いするぎギョウザと酵素玄米の販売企画があり、北國新聞でも2度記事に取り上げていただいたのに、途中で立ち消えになってしまいました。 今年に入って、カフェとりのすで酵素ドリンクとカラー野菜のスムージーをメニュー提供し、続いて、キッチンなかのとの新メニュー提供のお話をいただいたことから、いするぎギョウザと酵素玄米を復活させることになりました。

来年公開の映画「ママ、ごはんまだ?」との連動企画で、原作本に出てくる台湾料理のお惣菜の調理講習が先週で終わり、11月発売開始の予定ですが、トップバッターを切って酵素玄米のおにぎりが本日より発売になりました。

酵素玄米を食べている人は、志村けんさん、木村拓哉さん、ローラさん、石原さとみさん、絢香さんなどなど芸能人にも多くいます。玄米ですが、もちもちとした赤飯のような食感で味がよく、消化は白米よりもいいです。酵素玄米は日本が誇るスーパーフードですから、日本最古のおにぎりが出土した中能登の宣伝にも、酵素玄米おにぎりが最適だと思っています。

酵素玄米おにぎり

Page 6 of 9123456789