先週、池上彰の時事解説の番組で、トランプが弾劾で大統領を罷免されるかもしれないという解説を見た。アメリカ国民の批判の目をそらすため、戦争を起こすかもしれないとも言っていた。戦争となると、アメリカはひとつにまとまるからだという。池上さんがほのめかしているのは、北朝鮮に対してアメリカが軍事行動を起こす可能性のことだ。

青山繁晴議員は、カールビンソン、ロナルドレーガン、ニミッツの米海軍空母が三隻も極東に集結しているということは、いつでも戦争をしかける準備がある、事実上の戦争宣言に限りなく近いと言っている。

開戦早期に、北朝鮮は日本の米軍基地をめがけて核ミサイルを撃ち込んでくる可能性が高い。ミサイル実験は実戦に向けての予行練習で、単なる脅しではない。日帝時代の怨念を晴らすといえば、朝鮮軍は士気があがる。アメリカにとっては北朝鮮を攻める大義名分が得られる。

オモチャのようにミサイル実験を繰り返す金正恩には腹立たしいが、だからといってアメリカに戦争を起こされてはたまらない。北朝鮮の背後で支援しているのはロシア。アメリカが軍事行動を起こせば、ロシア軍を動かして北朝鮮支援と見せかけて、アメリカに制圧される前に平壌を乗っ取りにかかる。米国 vs ロシア、もちろん中国軍も動いて三つ巴の戦争になる。そんなシナリオが考えられなくはない。戦争は長引き収拾不能の事態に陥る……

第二次朝鮮戦争は日本を亡国の危機にさらすだろう。平和な暮らしが一日にして崩れ去る、まさにその一歩手前なんじゃないだろうかという不安がぬぐえない。スーパーで買い物をしながら、おいしいものを好きな時に食べられるような暮らしが一転して、食べる物もなくひもじさに耐えるような生活に変わるさまを想像してみた。考えるだけでもゾッとする。絶対に嫌だ。一握りの凶暴な権力者や国家の犠牲になどなりたくない。

ワンネスという思想がある。私たちは個々の存在であっても、大いなる存在から見れば一つ一つの不可分の細胞。他を害する凶暴な輩は、さだめしガン細胞。ならば、私は免疫細胞になって奴らを叩こう。一個人だって巨悪相手にやれることはある。戦争を止めよう。免疫細胞は多いほどいいのだけれどな…..

 

パソコンは不得意ではないんですが、やはり年のせいか時代の速度にはついていけてないなぁと感じることが多くなりました。SNSをビジネスで使いこなすといいとはいうものの、それほど熱心にはなれず、時々ぽちぽちと記事をアップする程度です。一応、フェイスブック、インスタ、ツィッター、Youtubeにアカウントは持っています。

やってみて一番おもしろいと感じるのは動画作成です。たった3分ぐらいの動画でも編集に半日ぐらいかかってしまいますので、ユーチューバーとか毎日作り続けている人はすごいなと思います。

悠庵Classicで古物の取り扱いを始めましたが、古物の楽しみ方をネタに動画を撮影したりしています。額縁の裏にヘソクリを隠すというのはテッパンですが、そのほか昔の人は屏風やふすまの裏に隠し物をしていました。田舎の古い家屋がどんどん潰されていきますが、先々代が隠した財産があるとも知らずに廃棄されていくふすまが多いことでしょうね。

 

 

2012年、マヤ暦が終わる時に地球がアセンション(次元上昇)し、新しい時代を迎えるという都市伝説があった。東日本大震災に見舞われた翌年であり、アセンションが起こってすべての苦しい人たちが救われてほしいと思ったが、起こらなかった。アセンションの宣伝役を担っていた人たちは、アセンションは起こったと言い続けたが、1999年のノストラダムスの終末予言があたらなかったことと同列にされて、噂は時とともに風化した。

今、北朝鮮のキチガイのために日本が戦火に巻き込まれるのではないかという軍事的な緊張に直面している。核ミサイルひとつで、平和な日常が破壊されると思うと恐怖を感じる。脅威は北朝鮮のミサイルだけではなく、中国がどさくさに紛れて尖閣諸島に軍事侵攻してくる可能性も否めない。このエンドレスの脅威に対して、私たちはまったく無力におびえるだけで、受け身のままでいるしかないのだろうか。私たちが望むような平和な世界、すべての国がいっせいに武器を放棄する日は永遠に来ないものなのか……

地球レベルのアセンションというものが起こるのかどうか、それはわからないけれども、個人レベルのアセンションというものは自分の意志で起こすことができる。。ヒーリングというものを学ぶということは、エネルギー(気)を動かすテクニックを身に着けることになる。エネルギーを動かす時に、自分はどのような意識レベルにポジションをとるのかが大事になる。つまり、パワーのソース(根源)に近い場所により近いところにいれば、大きな力を動かすことができるが、逆にそうした意識すら持たずにソースから遠い場所でエネルギーを動かそうとしても効果が小さい。

「次元の低い人間」という表現があるが、自分の意識の次元をあげていかなければ、パワーのシフトチェンジができない。意識レベルを上げるには精神鍛錬が必要のように思われがちだが、実は呼吸法でギアの入れ替えができる。コツの習得は必要だけれども、お坊さんのような修行はいらない。瞑想をやったり、気功、太極拳、ヨガ、空手などで体を鍛えて、呼吸法をすでに身に着けている人は、より早く体で理解できると思う。➡ 興味のある方はチャクラ・ヒーリング講座へ

スターウォーズで、「フォースとともに共にあらんことを」というセリフがあるが、ヒーリングの時は自分のフォース(力)よりもソース(根源)を意識して融合するイメージになる。それではソースとうまくつながれた時どのように感じるかというと、大きな喜びが内側から湧き上がって放電する感じ。自分が太陽になるという感覚だというとわかりやすいだろうか。

軍事力で相手をねじ伏せるようなフォースは、最も次元が低い。古来、武士が戦わずして勝つ極意を求めていくと、武器はいらないという境地に達するのは、このソースのパワーの理解に入ることなのだと思う。今、国を護るために一番必要なのは軍事力増強ではなく、平和憲法をもつ「日の本」の国民として、この超越したパワーで国を護ることなんじゃないかと切実に思う。➡ 興味のある方はチャクラ・ヒーリング講座へ

 


不思議な話ついでに、昨日思い出した不思議な話をします。

ある国に「なんでも願いをかなえてくれる」という有名な人がおられまして、この人に頼むと本当に願ったことがかなったという人が続出して話題になりました。私はこの方のワークショップで、通訳の仕事をボランティアでやっていたことがあるんです。滞在費はただでしたが、無報酬で約3週間働きました。かなりの激務でしたが、楽しい思い出です。

ワークショップの最終日、ボランティア・スタッフに「願いをかなえてあげるから、なんでもいいなさい」と言われて、みんな大喜びしました。そんなサプライズがあるとは思ってもいなかったので、待ち時間の間、何をお願いすればいいか迷いました。結局、考えがまとまらなかったので、「願いをかなえる方法を教えてください」と頼みました。すると、ご親切に教えていただきました。そして、「その方法でなんでもいいから今、願をかけなさい」と言われたので、とっさに思いついた願いをかけてみました。

一カ月後、願いは本当にかないました。そのころハワイに住んでいて、毎日とてつもなく忙しかったので、願いのことなどすっかり忘れていました。その願いがかなうきっかけは、車上荒らしにあったヨーロッパからの旅行者の方がゲストハウスに来て、国から送金してもらうまで泊めてもらえないかと頼まれたんです。オーナーが不在の時だったので、他のスタッフと相談して泊めてあげることにしました。その時は知りませんでしたが、その人が有名人で、私の願いをかなえてくれました。すごいめぐり合わせだなあと思いました。

それで、私はせっかく願いをかなえる方法を教えてもらいながら、こういう出来事があったということをすっかり忘れていました。なぜでしょうね。欲がないんでしょうか。ふと何年ぶりに、こういうことがあったと昨日思い出したんです。昨日は私の誕生日でした。たぶん自分から自分へのプレゼントですね。また願いをかけてみようと思います。

願望実現といえば、ひところ話題になった「ザ・シークレット 引き寄せの法則」を思い出します。まだYouTubeのような動画が一般的ではなく、CDにコピーしたものを見た記憶があります。その後、本も出版されました。けどれも私の経験は、「ザ・シークレット」が世に出る前の出来事です。その時は、非常に特殊な能力のように思えました。彼女が教えてくれた方法が、私にもう一度再現できるのかわかりませんが…

深呼吸の方法について、もう少し触れておこうと思います。

マッサージをしていると、背骨、肩甲骨がガチガチで動きが悪いお客様がおられます。ここをよくほぐすと、呼吸が深く入るようになります。ストレスの多い生活を送っていると呼吸が浅くなりがちですが、そうすると体も自然と固くなって、常に浅い呼吸で生活しているような状態の悪循環に入ります。呼吸の浅い時は、狭い視野になり、考えがまとまらず、行動も粗くなります。体の状態が整っていれば、呼吸が整い、穏やかな心の状態が整ってきます。深呼吸をするにも、体の状態が重要なポイントのひとつですね。

呼吸は、基本的に腹式呼吸です。腹をふくらませたり、へこませたりの圧力で呼吸をする方法ですが、慣れが必要かもしれません。最初は胸まで意識しながら呼吸を繰り返し、ゆったりと呼吸が整ってきたら、腹まで深く呼吸を入れるという、2ステップに分けた方がやりやすかもしれません。吸う息の倍以上の時間をかけて空気を吐き出します。空気をはいている時間が断然長くなります。腹式呼吸、丹田呼吸ともいいますが、繰り返しやっていると、鼻から呼吸を出し入れしている感覚がまったくなくなります。

瞑想する時、雑念がうかんで集中できないということをききますが、雑念はあってもかまいません。雑念を追いかけずに、浮かんでは消えるにまかせていると、浮かばなくなってしまいます。雑念まみれで、1時間たつこともあるでしょうが、雑念をつかんで、あの時こうだったああだったと自分の感情をのせていかなければ、必ず消えるポイントがやってきます。深呼吸が神呼吸に変化するのはその先です。

神呼吸の段階に入ると、「あ、入った」とわかる、明らかに違う呼吸パターンになります。ここに至るのが目的ではなく、ここからが出発点です。

自分の経験を話しますと、体の皮膚感覚がうすれて、自分の肉体と空気との境目がわからなくなります。外の音に意識を向けると、何キロ先までの音までひろって聞こえてくるような気がします。自分の体がどんどん小さく折りたたまれて、首の下に足がついているような、まるでクラゲですね。神話に「クラゲナスタダヨヘル」という表現がありますが、クラゲのようにプカプカ浮いている感じです。宇宙人にクラゲっぽい形のがいますが、人間は実はアレなんじゃないかと思ったりします。

若いうちは、よく「本当の自分が知りたい」とか、「自分の心の声を聴いてみたい」という興味をもったりします。私も自分探しの旅と称して、バックパックひとつでいろいろな国を歩き回りました。若い時の経験というのは大事でどれもすばらしい思い出ですが、自分を知るために遠くにいく必要はありませんし、そのために修行をする必要もありませんでした。

神呼吸に入った時に、「このことについて知りたい」という問いを出せば、答えが返ってきます。答えを返してくれるのは、もちろん自分です。しかし、肉体をまとっている自分にはない答えを、別の自分が与えてくれる。そして、自分は自分に対して親切ですから、わかるように教えてくれる。そういう経験をします。別の自分というのが、「真我」というものかもしれません。ただうのみにするのではなく、その自分と会話を重ねて、もっと知ろうとしていく。自分との関係を強めていくんです。

そこで、ひとつの疑問が浮かび上がります。それはまた次の機会に。

Page 4 of 1012345678910