音叉セラピーとチャクラワークのことについて書いてみようと思います。あまり先入観をもってほしくないので、このセラピーを受けるとどういう効果があるのかということについてほとんど情報を与えずに、ただ感じるままにとだけ申していました。感じるだけというのはあまりにも漠然としているので、こういう段階を踏んで進化していくという道筋は示したほうがいいのかもしれません。

まず、音叉を使って何をしているのかということですが、体には各部位によって固有の周波数があって、チャクラという背骨にそって並んでいるエネルギーセンターの周波数にあう音の音叉を使って調律をしているのです。楽器の調律と同じです。以前は、私の手から出る気でチャクラの活性化をしていたのですが、音叉も同じことができます。どちらの方がよりパワフルかといえば、私の手の方がはるかにもちろんパワフルです!

第一チャクラから第四チャクラまでの調整が終わると、第五チャクラでほとんどの人が半幽体離脱をはじめます。眠らないで意識を保っていれば、体験できます。第六チャクラで肉体を置いて消えてしまう人もいます。いわゆる神秘体験をするのは、幽体離脱状態の時です。コースタイムの中で呼び戻すので、あまり深い体験はできないかもしれませんが、それでも貴重な体験です。こういう体験をするために、世の中にはいろいろなスピリチュアルなワークショップがあるぐらいですから。

なぜこういう体験が貴重なのかというと、肉体という鎧を脱いで、少し自由度の高い世界に入ると、凝り固まった精神状態から解放されるのです。固体<液体<気体と、自分の意識レベルの段階を切り替えることを体験を通して覚えると、柔軟で、自由自在なお気楽人間になってくるんです。これは、知識ではなく体験でコツを覚えるしかないです。コツを覚えてしまえば、チャクラ調整などしなくても、呼吸の仕方で意識の切り替えが可能になってきます。

呼吸法も深いですよ。呼吸を深く丹田まで入れる深呼吸をする方法はよく知られていますが、それを繰り返していると、30秒に1回の呼吸、60秒に1回の呼吸というぐらいに息をしているのかしていないのか、自分でもわからなくなる段階がやってきます。これを神呼吸(しんこきゅう)と呼んでいます。内なる神意識とつながったという独特の感覚があります。この段階より先に進むと、大きな力を発揮できるようになります。それだけではなく、まだその先があります。おそらく終わりがないぐらい先があるのだろうと思います。

というわけで、ちゃんと説明するつもりが、よけいに漠然とつかみどころがなくなってしまったかもしれませんね。ま、わかる人はわかるし、わからない人もそれなりにっていうところでしょうか。

セレンディピティという言葉の起源は、「セレンディップと3人の王子」というおとぎ話がある。旅の途中にふとした偶然から、幸運をつかみとる。それは、わらしべ長者のように、一本のわらしべが大富豪になる鍵になるということに似ている。セレンディピティは一種の直観力で、予期せぬ瞬間にビビッとやってくる。直観は確かなことが多い。

先日、私の直観のアンテナが働く物との出会いがあった。運命の扉を開くパワーを持った物。こういう物はなかなかお目にかかれないけれど、セレンディピティを感じ取れる目利きになりたいと思った。

ミス・ユニバース・ジャパン石川
ミス・ユニバース・ジャパン石川

12月18日、ミス・ユニバース・ジャパン石川のビューティー・キャンプがありました。私は美しい瞳をすこやかに保つ、フェイシャル・マッサージの方法などを講義しました。なごやかな雰囲気の中で、楽しい時間をすごさせていただきました。来年1月29日(日)に開催される石川大会で、県代表となるファイナリストが決まります。石川県のみなさん、美しい彼女たちを応援してくださいね。石川県から日本代表が選ばれることを願ってやみません。

●ミス・ユニバース石川大会
場所:ヴィラグランディス・ウェディングリゾート金沢
日時:1月29日13時開演予定

公式サイト: http://muj-ishikawa.com/

毎年、冬になると「今年こそは美文字をマスターしよう」と決意する。しかし、毎年挫折する。昔の武士の書簡などを見ると、例外なく能筆家ぞろいだ。美しい文字は人柄や知性や教養をうかがわせる。ああ、今年こそ美しい文字が書けるようになりたい、と性懲りもなく願う。

先日、「今でしょ」という番組で書家の武田双雲氏が、美文字を書くポイントを説明していた。忘れないようにメモっておいた。

文例:東京都港区 武田双雲様

①決め三角の法則(都、様、港などの漢字)…へん(左)は小さく、つくり(右)は大きく書く

②モデル体型の法則(東、京、県などの漢字)…腰の位置を高く、上下バランスが2:3になるように各。中心に腰のくびれ。

③メリハリの法則(田、区などの四角い形の漢字…他の漢字よりも小さく書いてバランスをとる。

⑤筆文字:アピールしたい文字にだけ、おしゃれ線を入れる。

⑥筆文字:かすれ文字をかっこよく書くには、筆を傾ける。

ポイントをつかむだけで、文字が変わった。今年も地味に練習しよう。

ヒートショックプロテイン

入浴法をかえるだけで、素肌が劇的に変わるというのが、細胞に熱ショックを与えることで起こる作用を活かした、「ヒートショックプロテイン(熱ショックたんぱく質)入浴法。やり方はいたって簡単で、41~42度のお湯に10分間つかって体を温め、お風呂からあがって10~15分間、バスローブを着たり、毛布にくるまってしっかり保温するだけ。この入浴法のポイントは、お湯につかって、体温が38度に上昇させることと、お風呂からあがった後、体温37度を維持するように保温すること。これを週2回。

洗顔法の場合は、温水を42度に設定して3分間顔を洗い、そのあとで42度の温水につけた蒸しタオルで2分間、顔を温める。

ヒートショックプロテイン

細胞に体温よりも高い熱(41~42度)を与えるというストレスを加えることで、体にヒートショック・プロテイン(HSP)を生成させ、ダメージを受けた細胞を修復させるという体に備わっている働きを利用したもの。お肌のハリツヤがかわり、シワが消えるという美容的な効果だけではなく、アトピーなどで壊れた皮膚組織の修復も期待できます。水素パウダーを入れて、入浴や洗顔に使えば、さらに美肌効果は大きくなります。悠庵おすすめの水素パウダーは、アメリカからの直送品になりますが、「メガハイドレート パウダー (マイナス水素イオン) 50g」です。

Page 3 of 71234567