リンパマッサージの技術向上のために、手技療術の先生にご指導を受けに行ってきました。その時に教えていただいたのが、月桃のデトックスウォーターです。これは、がん治療患者の湯治で有名な玉川温泉水、昔から「美人水」としてお肌のお手入れに使われてきたヘチマ水、そしてアンチエイジングで注目を浴びている月桃エキスがされています。天然成分100%の化粧水です。

泡ポンプでごらんのような泡状の化粧水がでてきます。泡はヘチマ水に含まれるサポニンからできるもので、発泡剤は入っていません。この泡が肌なじみがよく、つるるんお肌に。毎日のお肌のお手入れに使うのはもちろん、肩こりなどのかたい部分にしみこませると、なでるようなマッサージだけでもリンパが流れてコリがほぐれやすいのです。

さらに、アロママッサージの時に、デトックスウォーターをよく素肌になじませてから、オイルマッサージを行うとオイルの滑りがよく、お肌にはすでに水分をあたえてあるので、オイルの使用量が約半分で済み、ふきとりも楽です。肌が欲しがるのは油分よりも水分なので、スキンケアとしても理にかなった手法だと思いました。

悠庵では、既存の製品にクロモジのフローラルウォーターを加えています。アトピー肌のガンコなかゆみを抑えてくれるすばらしい作用に私自身が惚れこんでおり、日々すばらしさを実感しています。ぜひお試しください。

月桃のデトックスウォーター(お持ち帰り): ¥4200 (定価 ¥4500
月桃&クロモジのデトックスウォーター(ボトルキープ用): ¥3900

※クロモジのフローラルウォーターは、クロモジ精油をお買い上げのお客様にサービス品として提供しております。
・クロモジ精油1ml + フローラルウォーター 50ml(他社1000円相当)
・クロモジ精油3ml + フローラルウォーター150ml(他社1500円相当)
・クロモジ精油5ml + フローラルウォーター300ml(他社3000円相当)

花嫁のれん 花嫁のれん2

美しいものには強力なパワーがあります。女性の生命力は、美のパワーと直結しているので、自分が美を感じる対象が何であれ、そこから遠ざかってはいけません。女性にとって、身の回りに美を感じさせるものがない生活は、女性をだらしなくさせ、生命力も低下させます。

私は着物や帯が大好きで、ただ眺めているだけで幸せホルモンで満たされます。かといって、着物を着る機会は全然ないのですが、振袖や附下を花嫁のれん風にリメイクしたものを眺めています。

皆さまのお宅に、タンスに冬眠している振袖はありませんか。華やかな柄を活かして、のれん仕立てにしてお部屋に飾るととっても素敵。お正月やお祝い事のある時に玄関などに掛けてあげたら、家が晴れやかになり、両親の愛に育まれた感謝に心が満たされます。

デザインの活かし方やサイズ、房飾りすべてを、和裁のお仕立て屋さんと入念に打ち合わせを重ねながら、ひとつひとつ丁寧に手仕事のリメイク品を作っています。美しい思い出の品を眠らせずに、活かしてあげてください。お仕立て料は一万円~(房飾り代別)。

 ◆ ノトノカ誕生 ◆

5年ぐらい前になるでしょうか。岐阜県のオークビレッジで開催されたアロマツアーに参加してきました。Yuica(ユイカ)という和アロマの精油工場を見学し、里山保全のために間伐材から、精油を作るというエコビジネス・モデルの説明を受けました。見学終了後、代表の稲本正さんから直接お話をうかがうチャンスもありました。

そのツアーでご一緒した佐野さんが、能登産精油プロジェクトを立ち上げて、昨年、クロモジの精油「ノトノカ」をデビューさせました。私もアロマトリートメントやルームスプレーに愛用しています。

◆◆ 伝えたいこと ◆◆

能登の里山は世界農業遺産に登録されました。けれども林業は後継者不足で、里山は荒れているのが実情です。能登の里山を守ることと、森から商品を生み出していくことが両立可能な「ノトノカ」の価値を知ってもらうためには、「ノトノカを使うことは、能登の里山を守ることにつながるんだよ」という説明が必要でしょうね。

稲本さんの著書から引用しましょう。

生態系が豊かで樹種の多い森林が国土の67%を占める日本。日本の森は世界一潤いがあるといってもおかしくありません。
そして、古代から日本人はその森に心身共に癒されてきました。

トレイサビリティ(どこで材料を採取し、どういう経路で精製されたか)がはっきりしていない海外産アロマが日本の市場の9割以上を占めている現状に対する提案として、日本人には日本の森の香りで心身ともに健康になって欲しい、という思いがあります。 (「日本の森から生まれたアロマ」より)

能登に住んで、アロマセラピーを生業としている者として、「ノトノカ」を発信していかなければならないと思っています。

◆◆ クロモジのフローラル・ウォーター ◆◆

私が非常に大きなポテンシャルを感じているのが、クロモジのフローラル・ウォーターです。精油を作る工程で、オイルとフローラルウォーター、簡単に言えば木の油分と水分に分けられます。油分はアロマオイルとして製品化され、水分のほうは捨てられてしまうのですが、クロモジのフローラル・ウォーターがアトピー肌の強烈なかゆみをとめてくれるんです。本当にこれはすごい。アトピーでお悩みの方は、一度試してほしいと思っています。

能登の森から生まれた「ノトノカ」をみんなで育てましょう。まずは、能登に住む私たちから。

先週、池上彰の時事解説の番組で、トランプが弾劾で大統領を罷免されるかもしれないという解説を見た。アメリカ国民の批判の目をそらすため、戦争を起こすかもしれないとも言っていた。戦争となると、アメリカはひとつにまとまるからだという。池上さんがほのめかしているのは、北朝鮮に対してアメリカが軍事行動を起こす可能性のことだ。

青山繁晴議員は、カールビンソン、ロナルドレーガン、ニミッツの米海軍空母が三隻も極東に集結しているということは、いつでも戦争をしかける準備がある、事実上の戦争宣言に限りなく近いと言っている。

開戦早期に、北朝鮮は日本の米軍基地をめがけて核ミサイルを撃ち込んでくる可能性が高い。ミサイル実験は実戦に向けての予行練習で、単なる脅しではない。日帝時代の怨念を晴らすといえば、朝鮮軍は士気があがる。アメリカにとっては北朝鮮を攻める大義名分が得られる。

オモチャのようにミサイル実験を繰り返す金正恩には腹立たしいが、だからといってアメリカに戦争を起こされてはたまらない。北朝鮮の背後で支援しているのはロシア。アメリカが軍事行動を起こせば、ロシア軍を動かして北朝鮮支援と見せかけて、アメリカに制圧される前に平壌を乗っ取りにかかる。米国 vs ロシア、もちろん中国軍も動いて三つ巴の戦争になる。そんなシナリオが考えられなくはない。戦争は長引き収拾不能の事態に陥る……

第二次朝鮮戦争は日本を亡国の危機にさらすだろう。平和な暮らしが一日にして崩れ去る、まさにその一歩手前なんじゃないだろうかという不安がぬぐえない。スーパーで買い物をしながら、おいしいものを好きな時に食べられるような暮らしが一転して、食べる物もなくひもじさに耐えるような生活に変わるさまを想像してみた。考えるだけでもゾッとする。絶対に嫌だ。一握りの凶暴な権力者や国家の犠牲になどなりたくない。

ワンネスという思想がある。私たちは個々の存在であっても、大いなる存在から見れば一つ一つの不可分の細胞。他を害する凶暴な輩は、さだめしガン細胞。ならば、私は免疫細胞になって奴らを叩こう。一個人だって巨悪相手にやれることはある。戦争を止めよう。免疫細胞は多いほどいいのだけれどな…..

 

パソコンは不得意ではないんですが、やはり年のせいか時代の速度にはついていけてないなぁと感じることが多くなりました。SNSをビジネスで使いこなすといいとはいうものの、それほど熱心にはなれず、時々ぽちぽちと記事をアップする程度です。一応、フェイスブック、インスタ、ツィッター、Youtubeにアカウントは持っています。

やってみて一番おもしろいと感じるのは動画作成です。たった3分ぐらいの動画でも編集に半日ぐらいかかってしまいますので、ユーチューバーとか毎日作り続けている人はすごいなと思います。

悠庵Classicで古物の取り扱いを始めましたが、古物の楽しみ方をネタに動画を撮影したりしています。額縁の裏にヘソクリを隠すというのはテッパンですが、そのほか昔の人は屏風やふすまの裏に隠し物をしていました。田舎の古い家屋がどんどん潰されていきますが、先々代が隠した財産があるとも知らずに廃棄されていくふすまが多いことでしょうね。

 

Page 1 of 71234567