一昨年、古物販売の許可をとり、古美術品の取り扱いをはじめました。古美術との出会いは、まさに一期一会だというワクワク感があります。

悠庵コレクションの中で、特に私が気に入っているものを店内で常時展示しておりますので、ご来店のおりにはどうぞご覧ください。

 

 

 

1.    武者のぼり旗「豊臣秀吉」
浮世絵師 歌川國福 肉筆
江戸時代・幕末期

端午の節句に鯉のぼりのように旗竿を建てて飾られた、江戸時代の武者のぼり旗。江戸時代、武者のぼり旗を立てることが許されたのは武家に限られていたため、良い状態で残されている旗は希少。「青木氏」という文字があり、水色桔梗紋であることから、美濃土岐氏系青木家のものと推測される。
千成瓢箪、甲の五三桐からもわかるように、威風堂々たる豊臣秀吉の騎乗姿。青木家は秀吉に仕えたことから、浮世絵師に描かせたと思われる。
幕末に活躍した江戸の浮世絵師 歌川國福の筆によるもので、才能がありながら夭折したため、残っている浮世絵が少ないことから、國福の画風を知る上でも非常に貴重な作品です。

豊臣秀吉 武者のぼり旗

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA