九谷焼「賞」壺トロフィー
石川県勧業場製 明治9年頃

石川県は、加賀藩時代から美術工芸が栄えた地だったが、明治維新後、政府の殖産興業政策に呼応し、美術工芸品の産業を支援するため、明治9年(1876)に石川県勧業場を設立した。陶芸部では九谷焼製陶が行われ、須田菁華などの名陶工を輩出した。
「石川県勧業場」の名称が使われたのは2年間で、その後、「石川県勧業試験場」に改称したため、「石川県勧業場」の在銘陶器は希少。
「賞」とは、明治9年に兼六園内に設置された金沢博物館で開催された博覧会で授与された賞に使われたトロフィーではないかと推測される。石川県美術工芸史にとって貴重な資料ではないかと思われる

九谷焼「賞」壺トロフィー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA