長い間苦しめられてきた、アレルギー体質。高校生の頃に発症して以来の長いおつきあいでしたが、忍耐強く自然療法でひとつずつ克服してきました。

ところが、中能登町に移住して3年目以降から症状が急激に悪化。更年期で免疫力が落ちてきたからかもしれません。絶対に克服してやろうとこれまで以上に奮起して、松葉の漢方酵素ドリンクのレシピを開発。このおかげで、杉の花粉症は完全克服に至りました。

 

残るはアトピー。はっきり言いましょう。アトピーの苦しみは、アトピー患者にしかわかりません。何十年もステロイド剤を出す処方しかない皮膚科医への無言の怒り。何か相談したところで、先の見えない高額な根本治療のアドバイス。根本治療のあらゆる手を尽くしましたよ。それよりも、まさに今感じているかゆみをピタリと止めるすべすらないのですか~っ!!!

ムンクの叫びにも似た絶望的な悲壮感を抱え続けてきました。

しかーし、ようやくです。クロモジのハーブウォーターとの出会いで、地獄のようなかゆみを抑えられることが、大きな励みになりました。成分調査がされているわけではないので、あくまで自分の感想ですが、かゆみの原因である炎症サイトカインをおさえる成分「抗炎症サイトカイン」の作用があるのでは?と思っています。

アトピーが良くなっていく過程で、皮膚が茶色に変化し、カサカサになると、ここでまた猛烈なかゆみを感じます。かゆみを辛抱づよく、クロモジのハーブウォーターで抑え、患部にオゾン化したヘンプオイル(麻の実油)か、オリーブオイルを塗ります。この二つのオイルには「抗炎症サイトカイン」の作用があることがわかっています。

さらにおすすめなのは、水素風呂です。水素にも「抗炎症サイトカイン」の働きがあります。皮膚温度が上がるとかゆみが出るので、39~40度ぐらいのぬるま湯で長めに入浴します。水素入浴がいいのはわかっていても、コストが高いのがネックでした。けれども、「水素気分」という入浴剤は一回の入浴に使用するコストが100円を切るので、心置きなく高濃度水素入浴できるようになりました。

それから、緑茶は体の内側から「抗炎症サイトカイン」作用があるので、毎日飲みましょう。毎日飲むものだから、無農薬の「べにふうき」がおすすめです。私はミルサーでお茶葉を粉末にして、オゾン水で水出しにしています。アトピー完全克服に向けて、着々と光の道を進んでいます。

「水素気分」、オゾン化オイル各種、クロモジのハーブウォーターは店頭でお取扱しております。
また通販の場合は、Yahoo!ショップ「悠庵ヤフー店」。「水素気分」のご購入はスペックプラント楽天市場店をご利用ください。

アトピー改善のハーブ療法に光がみえた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA