ノトノカ
能登産オオバクロモジ精油 ノトノカ

毎年、夏になるとアトピーが悪化して、猛烈なかゆみに悩まされます。紫外線や汗はアトピーの大敵で、いけないとわかっていても無意識に患部をかきむしってしまいます。ステロイド剤も抗アレルギー剤も、私には効き目なしです。かゆいかゆい肌に、夜中も起こされるほどです。

なんとかアトピーを治そうと、自然療法で治そうと長年探し求めています。去年は水素水に効果を感じていました。今年は能登精油プロジェクトの佐野さんに教えられて、能登産オオバクロモジのハーブウォーターを使用したところ、かゆみがおさまることがわかりました。ハーブウォーターというのは、精油を蒸留する過程で生産される副産物です。無色透明の液体で、芳香があり、アトピー患部へつけても特に刺激はありません。

コットンにハーブウォーターをたっぷりふくませてパッティングしているうちに、アトピーの赤みが消えて、かゆみがおさまります。しばらくすると、赤みが戻ってきますが、肌はかゆみ止め効果は持続します。再びかゆみを感じたら、またパッティングをします。百聞は一見に如かずということで、クロモジのハーブウォーター動画を作ってみました。

今のところ患部が治るところまでには至っていませんが、かゆみ止めになるだけでも精神的な負担が違います。クロモジの他、もう一つ、アトピーに効果があるかもしれないもの情報を得ました。アトピー完治を目指して、私のチャレンジは続きます。

アトピー、アレルギー性皮膚炎のかゆみ止めにハーブ療法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA