2012年、マヤ暦が終わる時に地球がアセンション(次元上昇)し、新しい時代を迎えるという都市伝説があった。東日本大震災に見舞われた翌年であり、アセンションが起こってすべての苦しい人たちが救われてほしいと思ったが、起こらなかった。アセンションの宣伝役を担っていた人たちは、アセンションは起こったと言い続けたが、1999年のノストラダムスの終末予言があたらなかったことと同列にされて、噂は時とともに風化した。

今、北朝鮮のキチガイのために日本が戦火に巻き込まれるのではないかという軍事的な緊張に直面している。核ミサイルひとつで、平和な日常が破壊されると思うと恐怖を感じる。脅威は北朝鮮のミサイルだけではなく、中国がどさくさに紛れて尖閣諸島に軍事侵攻してくる可能性も否めない。このエンドレスの脅威に対して、私たちはまったく無力におびえるだけで、受け身のままでいるしかないのだろうか。私たちが望むような平和な世界、すべての国がいっせいに武器を放棄する日は永遠に来ないものなのか……

地球レベルのアセンションというものが起こるのかどうか、それはわからないけれども、個人レベルのアセンションというものは自分の意志で起こすことができる。。ヒーリングというものを学ぶということは、エネルギー(気)を動かすテクニックを身に着けることになる。エネルギーを動かす時に、自分はどのような意識レベルにポジションをとるのかが大事になる。つまり、パワーのソース(根源)に近い場所により近いところにいれば、大きな力を動かすことができるが、逆にそうした意識すら持たずにソースから遠い場所でエネルギーを動かそうとしても効果が小さい。

「次元の低い人間」という表現があるが、自分の意識の次元をあげていかなければ、パワーのシフトチェンジができない。意識レベルを上げるには精神鍛錬が必要のように思われがちだが、実は呼吸法でギアの入れ替えができる。コツの習得は必要だけれども、お坊さんのような修行はいらない。瞑想をやったり、気功、太極拳、ヨガ、空手などで体を鍛えて、呼吸法をすでに身に着けている人は、より早く体で理解できると思う。➡ 興味のある方はチャクラ・ヒーリング講座へ

スターウォーズで、「フォースとともに共にあらんことを」というセリフがあるが、ヒーリングの時は自分のフォース(力)よりもソース(根源)を意識して融合するイメージになる。それではソースとうまくつながれた時どのように感じるかというと、大きな喜びが内側から湧き上がって放電する感じ。自分が太陽になるという感覚だというとわかりやすいだろうか。

軍事力で相手をねじ伏せるようなフォースは、最も次元が低い。古来、武士が戦わずして勝つ極意を求めていくと、武器はいらないという境地に達するのは、このソースのパワーの理解に入ることなのだと思う。今、国を護るために一番必要なのは軍事力増強ではなく、平和憲法をもつ「日の本」の国民として、この超越したパワーで国を護ることなんじゃないかと切実に思う。➡ 興味のある方はチャクラ・ヒーリング講座へ

 

今更ながらアセンション(次元上昇)について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA