ヒートショックプロテイン

入浴法をかえるだけで、素肌が劇的に変わるというのが、細胞に熱ショックを与えることで起こる作用を活かした、「ヒートショックプロテイン(熱ショックたんぱく質)入浴法。やり方はいたって簡単で、41~42度のお湯に10分間つかって体を温め、お風呂からあがって10~15分間、バスローブを着たり、毛布にくるまってしっかり保温するだけ。この入浴法のポイントは、お湯につかって、体温が38度に上昇させることと、お風呂からあがった後、体温37度を維持するように保温すること。これを週2回。

洗顔法の場合は、温水を42度に設定して3分間顔を洗い、そのあとで42度の温水につけた蒸しタオルで2分間、顔を温める。

ヒートショックプロテイン

細胞に体温よりも高い熱(41~42度)を与えるというストレスを加えることで、体にヒートショック・プロテイン(HSP)を生成させ、ダメージを受けた細胞を修復させるという体に備わっている働きを利用したもの。お肌のハリツヤがかわり、シワが消えるという美容的な効果だけではなく、アトピーなどで壊れた皮膚組織の修復も期待できます。水素パウダーを入れて、入浴や洗顔に使えば、さらに美肌効果は大きくなります。悠庵おすすめの水素パウダーは、アメリカからの直送品になりますが、「メガハイドレート パウダー (マイナス水素イオン) 50g」です。

ヒートショックプロテイン(熱ショックたんぱく質)美容法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA