珪藻土

私が自然療法オタクになったのは、30年来のアレルギー体質を完全に治したいという切実な思いからである。体に悪いところがあると、いろいろ試して、いろいろと考えさせられる。世にはさまざまな健康法があるなかで、やはりこれはいいと確信しているのは、酵素玄米食、酵素ドリンク、水素水である。そして、ストレス解消にはウォーキングとソルフェジオ周波数による音楽療法。最近、ミネラル・バランスについても考慮しなければということで、気になっているのがケイ素。そして、多種のミネラルがイオン化されている海洋深層水。能登の海洋深層水の成分分析はこちらのリンクに掲載されている。

難病を癒すミネラル療法 [ 上部一馬 ]」という本を読んで、大事な部分を書き出してみた。

・ミネラル不足が万病を招いた。農作物のミネラルが、自然環境破壊によって著しく減少した。

・体質は遺伝ではなく、食物の質できまる。日本の野菜や魚介類を中心とした伝統食こそが理想的である。

・ミネラルの重要な働きは、酵素の働きを補助することだ。酵素はミネラルがなくては働けない。

・ガン、糖尿病、高血圧、ぜんそく、アトピーなどの慢性病の90%以上に関与するのが活性酸素(悪玉酸素)という存在だ。

・リノール酸の過剰摂取が、メタボリックシンドロームを増やした。トランス脂肪酸が心臓病のリスクを高めた。

・食品添加物が、アトピーやキレる子供、多動性障害の他、生殖障害の原因として指摘されている。

・化学物質は皮膚からも吸収される。日用品の洗剤、歯磨き粉、シャンプー・リンスや化粧品などの経皮毒が、アトピー、アレルギー、婦人病に与える影響も見逃してはならない。

・現代人は脳内物質セロトニン不足で、感情がコントロールできない。鬱は昼夜逆転の生活や長時間のパソコン作業、インターネットやゲームに長時間興じることで、セロトニン神経が弱り、鬱症状が誘発される。

・ミネラルは、小魚、海藻、緑黄色野菜、牡蠣、ゴマ、玄米、果物、穀物に多くふくまれる。

・少年犯罪には、白砂糖の過剰摂取とビタミン、ミネラル不足が指摘される。発作的に暴力を振るう少年や統合失調症(精神「分裂症)などの心の病気に対して、ジャンクフード、カップラーメン、スナック菓子、清涼飲料水など食事の問題を指摘する専門家が多い。

・望ましい食事は、「食材5色バランス健康法」で、赤白黄緑黒の5色が食卓に並ぶように作る。
赤: 鶏肉、マグロ、アジ、エビ、ウナギ、トマト、人参、イチゴなど
白: ごはん、パン、麺類、イカ、タコ、豆腐、大根、里いも、ネギ、タケノコなど
黄: レモン、みかん、サツマイモ、カボチャ、しょうが、油揚げ、納豆、大豆など
緑: ほうれん草、春菊、ニラ、パセリ、ブロッコリー、小松菜など
黒: シイタケ、シメジ、黒ゴマ、ひじき、わかめ、コンブなど

・栄養過剰の弊害、体内老廃物の排泄、腸壁の正常化をはかる健康法は、プチ断食、ファスティングである。初心者が、プチ断食を行うには、山田式三日ファスティングがおすすめ。
①一日目の朝は、良質な水を200~400cc飲む。
②手作りジュース(ニンジン、バナナ、キャベツ、ほうれん草、豆乳、レモン汁)を一日三回飲む。あとは水分補給だけ。一回550ml(一日1.5リットル)が目安。タバコ、アルコールは厳禁。固形物を取りたかったら、スイカ、メロン一切れはOK。ハードな運動は避ける。これを三日間続ける。
③復食期の一日目はおかゆ。三日間は、肉類、油ものは避ける。

・朝30分の速めのウォーキング、腹式呼吸、ガムをかむなどの実践で、セロトニン神経が活性化してくる。

ミネラル療法で万病予防

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA